目標達成のスペシャリストになるために








image

今、あなたが取り組んでいる事や叶えたい夢の「目標」と一言で言って、すぐにどのようなものかイメージ出来ますか??言えますか??

イメージ出来る方や言葉で出せる方は常日頃、その目標を意識しているので素晴らしいと思います。

目標と目的の違い

ではその目標に対する「目的」はと聞くと答えられなかったり、目的と目標が混在してどちらが目的でどちらが目標なのかがハッキリ認識できていない事が多いです。

次の言葉【目標】【目的】【ビジョン】【夢】【ゴール】で以下の項目がどれに該当するのか考えてみてください。

A 次のオリンピックで金メダルを取る
B 体操を通じて心身共に健やかな子供を育てたい
C 床のDスコアを3ヶ月後までに0.2上げる
D 今月は週に3日、全種目の続行を行う
E 今年の県予選で優勝する
F 上肢の筋肉量を5%強化する
G 誰よりも魅了する美しい体操をして感動させる

どうでしょう、すぐにピンときた方はすごい!
目標達成のスペシャリストですね!!

そもそも【目標】【目的】【ビジョン】【夢】【ゴール】のそれぞれの意味が分かっていないとどうしようもありませんね。

おそらくイメージでは分かっているようでも言葉で具体化して説明しようと思うと難しいと感じるのではないでしょうか。

山登りでイメージすると分かりやすいです。
例えば【夢】を【山の頂上に登って誰よりも高い場所で山と1つになる】とでもしましょう。

 

image

 

まず一番上に存在するのが【目的】です。
【目的】を山の頂上とでもしましょう。

何かを取り組むときに【目標】ばかり先に考えてしまいがちですが、まず最終的にはどうしたいのか、どうなりたいのか、何がしたいのかという【目的】を考えなければいけません。

 

image

 

その山の頂上に登る為にはそれぞれ何合目というものが存在します。

それが目的の為の、目的を成す為のそれぞれの最終的な【ゴール】です。

その【ゴール】までの途中の目印だったり道標だったり、どのペースで登っていくのか、どのコースで登って行くのかなどが【目標】になります。
したがって、それぞれのゴールによってそれぞれの【目標】が出てきますね。

では【ビジョン】とは何なのでしょうか?
言葉通りでいけば未来像や将来の構想、将来像その光景のことなどですが、この【ビジョン】というのは夢や目的、その目標を達成する為の強化剤であると思います。

実際に山の頂上を達成した時のイメージからくる高揚感や達成感、満足感などを自分の都合の良いように感じ取る事ができる一種のステロイドだと思います。
このステロイドをいかに効率よくいかに適材適所で活用するかが達成の為の行動の促進につながっていきます。

 

目的から目標までの落とし込みが大切

ではAからGがどの項目に該当するのかというとB(体操を通じて心身共に健やかな子供を育てたい)とG(誰よりも魅了する美しい体操をして感動させる)が【目的】となりA(次のオリンピックで金メダルを取る)とE(今年の県予選で優勝する)が【ゴール】になりC(床のDスコアを3ヶ月後までに0.2上げる)、D(今月は週に3日、全種目の続行を行う)、F(上肢の筋肉量を5%強化する)が目標になります。

分かっている人は自然と何事も達成できていますが、何か最後の詰めが弱いだったり、何でこんなことしてるの?などになった時は1度考え直してみても良いかもしれません。

私自身、なぜ自分が体操をしてきたのか、なぜ指導者として体操を教えているのかを改めて考えさせてくれる良いきっかけになりました。

自分が行っている事全てに理由があり、どうしていきたいのかという事も必ず持っているはずです。

 

何でも理由や意味を見出す必要はありませんが、どういう方向に進んでいくのかは流れに身を任すのではなく自ら流れを作り乗っていきたいと思います。

目の前の子供達もそうですが、目標達成のスペシャリストになってほしいと思います。


コメント

コメント










この記事がよかったらコメントやシェアしよう

コメントを残す