責任感を強めるには








image

人によってこの「責任感」には大きな差があります。

 

では責任感が強い人とはどういう人の事をいうでしょうか?

何かあった時に責任を取る人でしょうか?

自分が担当している事だけをきちんとやりきる人でしょうか?

私は責任感=信頼であると思います。

 

この人は責任感がある。そんな人は信頼できる。

何かを安心して任せられる人だったり、最後までやり遂げてくれる信頼がある人だったり。

 

要は信頼出来る人には責任感を感じやすいという事です。

責任から信頼が生まれるのではなく、信頼から責任感が芽生えてきます。

 

この信頼を失った時、責任感がない人に見えてしまいます。

 

ただこの責任感が強過ぎる場合は注意が必要です。

何かトラブルがあった時に自分の事なので責任を感じるのは良いですが過剰に自分を落としてしまう事もあったりします。

いわゆるネガティヴ思考。

落ち込みやすい人や上手くいかなくて沈んでしまいがちな人は少し肩の荷を軽くしてもいいかもしれません。

過剰な責任感は信頼を失う事にも関わってきますので。

 

逆に責任感が足りない人はまず積極的に自分が何かする時に自分ルールをつけて下さい。

いつまでにやらなければどうなる、ここまで出来なければこうなる。

これが出来たらあれを買おう。これをやり遂げたらあれをしよう。

何でもいいです、自然とその事だけでなく次のステップへの前置きになったりします。

もしくは「私はこうなる」「こういう風にする」「ここまでする」

こんな風に公言する事も良いですね。

 

 

image

私も子供に夢を与える仕事ですが、私も責任が取れない夢追いをさせる訳ではないのでどうしても現実とは言いませんが、本人の目標を見させてしまいます。

夢と目標は違うので、子供自身に「ここまでやります」と自分の言葉で言ってもらい責任を持ってもらうように心掛けています。

 

責任感ないなぁと思ったらまず本人が責任を持てる環境づくりを大切にしなければいけません。

この責任感の強さがそのままその人の強みに変わっていくので、ぜひ責任感のある人間をスポーツを通じて育んでもらえればと思います。


コメント

コメント










この記事がよかったらコメントやシェアしよう

コメントを残す