はじめの一歩








出来るか・・・

おはようございます。

タイトルはボクシング漫画の「はじめの一歩」ではありません。

何かに取り掛かる時のはじめの一歩ほど難しいものはないように思います。
その一歩、一回、一本目など初めてというのは人は恐れるものです。

体操でいうと新しい技に初めて挑戦するときの緊張感、たまらなく怖くたまらなくドキドキするものです。
ただその一本を乗り越えた瞬間は世界ががらりと変わることもあったりします。
子供たちには恐れず取り組む人間に成長してほしいと思います。

物事で誰もやっていない事、成功するか分からないことなどとにかく自分自身にとって初めての世界に挑戦するときは、まずは「やるかやらないか」の2択がせまられます。
多くはここで断念します。

これは初めての事だけでなく何をするにもまずやるかやらないか。
やらない後悔よりやる後悔と言いますが、やらないことには次につながらないということ。
やってみて失敗したその先には違う方法が見えてきます。それがまた成功するか分からない事でも。
どうしてもまず出来るか出来ないかを考えてしまいますが、それは結果論であって成功までのパスウェイはまずやるのかやらないのかです。

何をするにも肯定者と否定者は出てくるので周りは気にしなくていいんです。
何かに戸惑っている人にはまず取り組む時にはこの「やるかやらないか」を大切にし挑戦していく人間を目指してほしい、私自身もそういう人間になりたいと常々思う限りです。


コメント

コメント










この記事がよかったらコメントやシェアしよう

コメントを残す