ないものねだり








現在、JOC主催の日韓交流合宿に参加しています。


諸先生方に新たな刺激や新たな出会いをいただき、身の引き締まる思いとワクワクが溢れてきています。まだまだ30を過ぎたペーペーですが最近は私自身も教える立場が多くなってきたなと思います。

 

成長する人、成功者の共通点

その中で、この人は成長する、しないを分けるのには1つの共通点があります。
それはタイトルにもある通り「ないものねだり」をしているかどうかです。

「ないものねだり」はしても仕方がありません。
色々な状況はあれど「ないものねだり」している人が意外にも多いです。

言葉の通り、今置かれている状況にないものを希望しそれを埋めたいという願望ですがねだっている時点で一生ねだり続けます。
私も今日に至るまで当然ながらないものねだりの時もありました。

あれがあれば、これがこうなら、こうなればいいのに、、、

 

上手くいく為、成功する為には?

上手くいくには、これ全てを「たられば」から「する」に変換すればいいだけです。
「たられば」も自分を持ち上げる逃避術で否定はしませんが肯定はしません。

 

自分のコントロール出来る事に目を向けて時間と努力をかける

あれをする、これはこうする、こうすればいい。
要は自分のコントロール出来ない「ないもの」に目を向けねだるのではなく、自分がコントロール出来る「あるもの」に目を向けて行動するという事です。

 

先人に学ぶ

トーマス・エジソンの言葉を借りるとすれば、
「不満とは進歩する為に初めに大切なもの」であり、
成功者とは「結果の有無ではなくそこにかけた努力と時間の統計である」という事です。
私の中ですごく救われてきた言葉です。

 

静寂な時間こそ学習の時間

大きな鐘がなる直前というのは今まで以上に上手くいかない静かな瞬間が訪れます。

そんな時に我慢して進めるかどうかです。

あなたはそこでやめていませんか?
もう一度自分に聞いてみてください。
努力と時間をかけて進みましょう。

だれが100%が天井だと決めたんでしょう?
101%を知ればその先も見えるはず。

「ねだるな、勝ち取れ」
私の人生、この言葉をモットーに今日も前に進みます。


コメント

コメント










この記事がよかったらコメントやシェアしよう

コメントを残す