コロナ禍でも今を生きる上で








世界の変貌

世の中はガラリと姿を変えました。

それは新型コロナ(COVID-19)による世界規模でのパンデミックが原因です。

それ以前の原因は詳しくは個人でお調べください。

ただ今の日本を大きく苦しませているのは新型コロナ(COVID-19)ではありません。

正確には新型コロナ(COVID-19)が原因ですが、その対応に大して国民一人一人が苦戦しています。

国はワクチンの開発、感染拡大を防ぐための措置、その対策による種々の補償や制度の確立や設備の増強など国を挙げて政策を考えている一方で、国民の一人一人の生活や経済活動には思いの外、変化と挫折と苦悩と迷いと葛藤が押し寄せています。

自分の身は自分で守る、ただ今回は自分の身だけでは許されない状況だから難しい。

気づいた時には周りに感染させてる可能性があるのが怖い所です。

いろいろな施策を投じていますが、一番怖いのは人々の心にある3密(密閉・密集・密接)への恐怖や自粛活動の同調圧力が一番怖くて厄介。

今はどれが正解か分からないからこそ、それぞれの自分の行動はどの方向性でも正解です。

いろいろな見解が出ています。答えはありません、当然ながら命との天秤にかけられれば何も乗せることはできず比べられません。

ただ漠然と周りに流され社会に流され受けざるを得ないこの状況に嫌気が差しているのも、みんなが感じていることだと思います。

正しく恐れて、正しく対処し、一人一人が判断した行動をすれば社会はなるようにしかならない。

ただ他人に「ああしろ」「こうしろ」は大きなお世話であると同時に、自分の行動に賛同してもらう行動はどの行動にとってもほんとに邪魔です。

ある意味、個々の自由が大きくなってくる社会になりつつあるではありませんか。

これはみんなが求めていたリスクと隣り合わせの自由なのではないでしょうか。

当たり前が当たり前ではなくなり、今までの常識は全て覆されました。

これから、過渡期と呼ばれる歴史的には偉人しか世に残らない時代であり、一般ピーポーは一番大変な時期に入りましたが改めて自己を見つめ直す機会でもあると思います。

「目の前の人も大変なんだ」という視点を持って、このコロナ禍を共に乗り越えていきましょう。

「今は歴史の1ページ。諦めていない事、生きている事が素晴らしい」


コメント

コメント










この記事がよかったらコメントやシェアしよう

コメントを残す